原因は静電気か?

雨が降らない。毎度おきまりの乾燥注意報。スタジオでも楽器や機材の保湿に神経を払っている、、わけではない。

この乾燥のなか、Macbookで音作りをしていたらどうも挙動がおかしい。結構な数のプラグインを入れているので重くなってきたのだろう、と再起動をしようとした瞬間に固まったてしまった。電源ボタンで強制終了し、改めてスタートするとなんと画面に進入禁止マークが不気味に画面を泳いでいる。再度強制終了、電源を入れると今度はクエスチョンマークである。Macを使い始めたころは爆弾マーク攻撃はたくさん受けたが、こんな画面は初めてである。

まずいまずいまずーい。なんせ高価な商売道具であり録り溜めた次回作のデータも入っている。もうパニックで心臓がばくばくである。やれPRAMだSMCだ、⌘+Rだとかで再起動してみてようやく絶望的な事態に気付いた。「起動ディスク」がないのである。

そんなこんなでもう仕事どころではない。ネットを調べまくったり、APPLEのサポートに電話したりでこんなに時間がたってしまった。原因はたぶんこの乾燥と静電気でSSDが壊れてしまったのだろう。結局、アップルの非正規修理店にお願いしてSSDを交換してもらうことにした。

とても非生産的な一週間を過ごしてしまった。

 

Dry weather not only causes a fire, spreads flu, but also has an adverse effect on instruments and machines. The condition of the MacBook in the studio is getting worse and the worst happens.

I was making music using Macbook. Recently I have been plugging lots so I got late. It finally froze and restarted. After terminating with the power button it appeared prohibited entry sign swimming the screen. Forcibly terminate again, turn on the power and this time it is a question mark floating. When I started using Mac, I got a lot of bomb sign, but this is the first time for such a screen.

It is an expensive business tool and furthermore contains the data of the next work that I recorded. I fall into panic. After restarting with PRAM, SMC, ⌘ + R, I finally noticed a desperate situation. There is no “boot disk”.

It took time to investigate the net and call support of APPLE. The cause may be that SSD has been broken by drying and static electricity. After all, I decided to ask non-Apple’s authorized repair shop to exchange the SSD.

I spent a very unproductive week.