今日のATOMOS」カテゴリーアーカイブ

OTOTOBATOMOS 3

新作をBandcamp.comでリリースしました。40年以上も前のカセットテープに残されていたフィールドの音を散りばめたアンビエントアルバムです。2曲で40分と長尺ですが、寝る前にでも聞いてみてください。運転中のご視聴はくれぐれもご注意ください。

ジャケット写真も当時自分で撮ったのものを使いました。赤茶けた紙焼きをデジタル化してPHOTOSHOPで加工しました。今はもう線路は残っていないようですが、この辺りの風景は記憶の底に残っています。

この暑さの中、断捨離をしながらの録音、我ながらクレージーだと思う。

Athens Ohio 1976-1978

カセットテープの断捨離をしているしている時に40年以上前の音の断片と再会した。今は赤茶けてしまった不思議な写真とともに即興でアンビエントなトラックを作ってみた。そろそろATOMOS_3の制作を開始したいのだが、スタジオ機材や楽器の大型断捨離を控えていて気分が落ち着かない。

Remix “The Selfish Giant”

aodamobeatsの音源をパズルのように配置しながら進めたリミックス作業は結構大変だった。勉強することも多かったが、即興的に作った曲の構造を分解するという作業はもう二度としないと思う。ただ、ファーストアルバムのどろどろとした雰囲気をaodamobeatsの2曲のリミックスが少し洒落たものに変えてくれたことに感謝したいと思う。ビデオはサラリーマン社会の風刺というこの曲のテーマを今の日本の政治に置き換えて見てもよいかもしれない。。。。

復習。

Aodamobeatsがまたまたリミックス企画を提案してきた。今回も前回に引き続き、ファーストアルバムから人気曲(?)「The Selfish Giant」を取り上げてきた。この曲は、自分自身、昨年春にスタジオマスコット犬の音が我スタジオに来たばかりにまさにリミックス録音をして完成させていた。

今回のリミックスのリミックスは結構やっかいだった。前回は完パケファイルをaodamobeatsが送ってきてくれたので、それにミュージックビデオを作る作業だけだったが、今回は合計5つのトラックを送ってきた。それをミックスダウン、いやリミックスダウンするということになった。これが、結構大変な作業だった。自分の創った曲がいかに難解な構造をしているかを思い知ることになった。現在、MVの最終段階でもうじき発表する予定ですが、皆様にももう一度その曲を思い出して頂ければと、本コーナーに掲載しておきます。

The Remix “Blues for Silly Charlie”

最初のアルバムを制作してからもうすぐ3年近くになる。「The Garden」はElektronのOctatrackとAnalog4だけでSDレコーダーを廻しっぱなしで作った極めて即興的なトラックばかりだった。OTOTOBATOMOS VOL.2の制作時に、「以前の曲のリミックスを作ってみようよ!」というaodamobeats からの話を冗談めかしに聞いていたが、本当にREMIXしてくれた。その際、Sillyという単語は「ばっかやなぁw」とか「このおばかさんw」的な比較的、好意的なイメージがあると指摘を受けた。」「この曲の暗いイメージからは、Idiotみたいなきつい言葉が合うんだがなぁ!?」というコメントがあった。その通りと思った。でも、ストリーミングサイトによってはCharlieがCarlieとなっているものもあるし、、今更タイトル変えられないよな。。と思う。

ちなみに「The Garden」のジャケット写真は、もともとbacchanが散歩中に見つけた排水溝の蓋に生息する植物たちを撮った一枚をモノクロ加工したものだ。せっかくなのでオリジナル写真を載せてクレジットした。皆さんに改めて感謝である。もっとリミックスつくってみよう〜っと!!

Premier Pro →Final Cut Pro 動画編集ソフト変更の予感!

iphoneの4KHDRの撮影にハマっている。ほんとうに綺麗すぎてヤバい。小生のWindowsマシーンが少し前のものでPremierでの4K編集はかなり重く、コマ落ちするのと動作が不安定。そこで、現在はFinal Cut Pro Xを試している。これがサクサク動く。やばい。やばい。DAWの時と同じで編集ソフトだらけになってしまう。

操作に慣れるために14本目のArchive Videoを制作中。もうじきUP予定。

お正月

深夜にスタジオに籠っているのでお正月という雰囲気はあまりない。それでも早朝、ピリピリとした空気と指先の感覚を失う寒さの中、bacchanと音と散歩にでかける。しばらくすると太陽の光と暖かさを感じて会話も弾み楽しくなってくる。結構な距離とアップダウンをものともせず帰ってきてからの朝食がほんとうにうまい。特に味噌汁を本当に美味しいと感じるのは、歳をとったせいだけとは言えない。毎日のルーティンに感謝である。

Sweet Ann

ボーカロイドはあれから手を出していないが、AIがこれだけ脚光を浴びているだけにどれだけ進化しているのか興味深い。当時、英語を歌えるボーカロイドとしてAnnだけではなく、巡音ルカ(日本製エンジン)も多用したが、今では多言語当たり前、人に近くもっとスムースに歌うらしい。。

from the Marriott Tapes

一人多重録音やバンドのリハ、フィールドものなど多種多彩な録音データは、この20年で気付けば3TB近くにも及んでいる。よく保存していたものだと思うが、映像にも手を出しているのでまだまだ増えそうな勢いだ。ここらあたりで整理を始めなと後々困るだろうなと思い整理することにした。いろいろと聴きなおしているが、2008年から2013年北京での5年間の記録は、PCの処理能力とDAWが急速に進化したこともあり実に多くの録音を残している。思わず手を止めて聴いてしまいリミックスをして楽しんでしまうトラックもある。完成度の高いものはsoundcloudにアップしているが、なんらかの理由で途中放棄され発表されなかったもの、そんなのこんなのをこのArchiveシリーズに加えてみることにした。サブタイトルを “from the Marriott Tapes”とした。当時住んでいた駐在員用のホテルアパートでの録音が多いのでその住居Marriottの名前を拝借しました。不定期にarchive pageにアップして行きますのでお楽しみください。

Jacob Collier

部屋に閉じこもってシコシコトと多重録をするお宅なイメージを木端微塵に破壊するライブパーフォーマンス。恐ろしいやつが現れたもんだ。当分、目が離せないマイブームとなりそうだ!

adobe Premier Pro

MVを何本も作っていると、Premierの操作方法がどんどん身につく。問題は、カラーグレーディングやエフェクトを多用すると今のマシーンでは追い付かないこと。ソフトとマシーンの鼬ごっこ。音楽だけやってたのでGPUとか全然気にしてなかったが、ゲームはやらないがゲーミングPCとかやたら気になる。どうしよう! ブラックフライデー真っただ中だし(笑)

netflixとamazon prime video

最近、bacchanとgkともストリーミングビデオにはまっている。bacchanは「赤毛のアン」を制覇し、今は「goodfight」。gkはドキュメント映画を好んでみる。ドキュメントはその筋の大家が多いので担当する監督もかなり神経を使っているのが分かり面白い。今日も園子温のドキュメントを半分見たところで、音が突入してきて時間切れとなった。

それにしてもPCやパッドに慣れ親しんだ身としては、テレビのリモコンでパスワードを打ったり、youtubeの検索のためにキーを行ったり来たりするのにはイライラする。その点、アップルTVはスマホのリモコンアプリがあり便利らしいが。。

ototobatomosページ刷新!

10年近く使用してきた「さくらブログ」をサーバーも使わなくなったので解約することにしました。ということで、以前上げていたsmall talkのページに戻りスタジオの日々のatomosを綴っていきたいと思います。なお、過去ログは右のコラムにPDFで閲覧できます。また、北京時代のブログはいずれPDFで上げたいと思います。

ビデオ制作が楽しい!

Youtubeの先生たちのお陰でグングンとPremierの操作が上達してきている。基本操作はDAWとま
ったく同じであるが、エフェクトがどんな効果を生むのかを一つ一つ確かめる必要があるので、ま
だまだ時間はかかると思うが。。でも触っている瞬間瞬間に面白い効果を生んだりすると結構興奮
してしまう。アンビエントな音作りもそうだが、映像も結果coincidentialなんだなぁ。私の人生そのもの?