曲名にまつわる話とボツ曲

2MIXが出来てマスタリングも完了して、最後に曲名を考えるわけだが、これが実にしんどい。曲のスケッチができた時に閃きで浮かんだ曲名でいくこともあるが、多くは実にいい加減な仮のタイトルで進んでいく。さて、ちゃんとしたタイトルを、というときに実に悩み頭を抱える。新アルバムVol.3のなかにも変なのがある。たとえば、Ca-Sioとか。この曲は7年くらい前に、Gショックで有名なカシオが作ったiPhone向けの作曲ソフトで作った曲をバラして、いちから組み立てて完成させたものである。これなんか仮のタイトルで進んだいい例だ。

AIがタイトルを考えてくれるサイトもある。なんでもかんでもAIのご時世だがこれが実に便利。しかも無料。AIがリコメンドしてくれたタイトルが気に入り、そこからアルバム全体の制作をスタートさせたのが前作 “Unforgiving Reality”だ。まさに20年代に入り世界中を襲うニュースを目の当たりにしていたときに発見したタイトルだった。

ロシアのウクライナ侵攻が続き戦争がますます激化していくニュースを目にしながら、タイトル曲をなんども何度も作り直した。作ればつくるほど曲が軽くなった。次のトラックも結局ボツにしたが、現実を受け入れられない暗さと明るさ(希望みたいな)ものは表現できていると思う。 We Just want simple lifeと歌っている。

Unforgiving Reality Take #9

ぜひ、アルバムも聴いてみてください

Alchemy?!

今回のアルバムはほぼベッドのうえでIPADを操作するか、椅子に座らずにPCを操作するという腰痛との戦いで制作された。iPADとの相性を考えてDAWもLogic Proに戻した。実に10年ぶりでLogicを動かした。で、で、で、これが大正解。なんというか、新しい音というか、小生好みのサウンドというか、ミキシングで付け足した音の数々に興奮してしまった。アルバム9曲目”Corridor”は中世のヨーロッパの古いお城の回廊を想像してみると、あまりの不気味さに悪い夢を見るかもしれません。くれぐれもヘッドフォーンで、寝る前に聴かないように!! Logicの純正シンセAlchemy、サンプルベースのこのシンセの音をずいぶんと今回のアルバムで使わせてもらった。

本日シングル盤リリースしました!よっ!!!

A面 Randez-Vous B面 Night Song

なんちゃってのシングル盤ですが、腰痛で苦しむ中?「 よくできました」と、各方面からおほめの言葉をいただきました。フルアルバムは、YOUTUBUで近々アップ予定です。





OTOTOBASTUDIO Compilation Album Vol.3の曲が出揃う!

今回リリースを予定しているアルバムは全10曲中半分が昔の曲のリミックスあるいはリメークとなる。ただ、今回はシングル盤(A面にヒット曲狙いB面はしっとりしたバラードみたいな)の発売を目論んでいる(ほんまかぁ?)2つ曲ともiPADガレージバンドのスマートギターがが大活躍している。この録音は楽しかったがあとの編集が大変だった。スマートギターを弾くのはベッドの上だが編集は椅子に座ってのデスクトップ作業。腰痛再発ぎりぎりで、ミックスともども今日終了。明日あたりからこのサイトでお披露目して行きます。

円、安っ

まずい。物価が上がるのもまずいが、スタジオで使っている海外USドル建てソフトウエアサブスクの更新時期がやってくる。

ipad、 確かにもはやコンピュータ

ipadのガレージバンドの機能はOSX版のそれを遥かに凌ぐ。ピアノ、エレキ、アコギ、ベースなんでもござれ。しかも、すげえリアル。バックには、以前作った音源が簡単に貼り付けられる。一番いいのは、ベッドのうえでなんもできること。これにエアポッドでモニタリング、配線なしの制作環境は実に素晴らしい。 あとは、自分の声での録音。周りに気兼ねなく大声を出す。これが一番大変だ。

なんと3ヶ月も経ってしまった!

5月の連休あたりに腰に違和感を覚え、20日に本格的な腰痛を発症してようやく痛みが薄らいできた。口内炎も多発して痛みに耐え続けた3ヶ月だった。痛みがひどいときの癒しは、YOUTUBEやインスタとTICTOKでベッドに横たわって、とにかくよく見たというか笑ったし、いろいろなことを学んだ。完全には復活していないが、ベッドに横たわりながらIPDで作った曲が溜まったてきたので、そろそろPCでリミックスしてアルバム化しようと思う。

そういえば、久しぶりにボーカロイドの使い方も復習しているが、その進化ぶりに驚いている。

腰。。痛。。いや臀痛。

人生何回めの腰痛だろうか? 腰というより臀部に重い鈍痛があるのは初めてだ。15分も座っていると痛みがじわじわくるので立ったり座ったり落ち着かない。右手にテニスボール左手にロキソニンローション、お尻に温湿布でなんとか凌いでいる。これまでも、いつの間にか嘘のように痛みが治まっていたが、今回はしぶとい。なんでもかんでも例のワクチンのせいにしたくないが、3回目摂取の後ろくなことがない。口内炎もそうだが痛みを根本的に撃退してくれる薬がないのは困ったもんだ。

こんな最中に15作めの新作を作っている。さてこれで完成!と聞き返してみるとベースのトラックをオフにしたまま2ミックスしちゃったり、フェードの掛け位置を間違えたりして、ミックストラックを聞き返してみて曲自体をボツにしたものも多い。もうヒッチャカメッチャカ。5月末にはリリースすると言いふらしていたがのびのびとなっている。70前には 23作(なんでかわからんが。。)リリースするとか言っていたが、健康な身体でないと絶対無理と弱気になっている。

頭のなかを歌、歌、歌が鳴り止まない。

この10日くらい頭のなかでなり止まなかった藤井風の「きらり」。実は、このシンガーソングライターを全く知らなかった。テレ朝、深夜に放送したシソンヌ、ヒコロヒーと共演した番組を録画してあったビデオを相方が見せてくれるまでは。これがめちゃめちゃ面白くてはまってしまい、YOUTUBEの追っかけしたのが運のつき。「きらり」と「まつり」は耳のなかというか毎晩頭の中をグルグル状態で苦しめてくれた。つい昨日ようやく消え去ってくれたが、その代わりに現れたのが折坂悠太。ある調べものでMUSIC MAGAZINEの2021年10月号を手に取ったのが、これも運のつき。宇多田ヒカルも衝撃を受けたとある楽曲「あさま」をYOUTUBEで見たのが昨晩。もう明け方まで、あの歌声が鳴り響いていた。すごいすごいよ、日本のシンガーソングライターたち。それにしても、「遅いよ、遅い!」と言われそう。

Zippoたち。

 煙草をやめてもう7年ほど過ぎようとしている。超がつくくらいのヘビースモーカーだったが、意外とすんなり禁煙できた。やめるとき、喫煙道具を捨てればよかったのだが、こいつらは お菓子の箱に大切に残されていた。蓋を開けるとあのオイルの香りがほのかに漂った。なぜか、はげ落ちたBarga Girlのエンブレムだけが残されていた。その理由を思い出した。いかんな! こんなことしてると、また勢いで吸ってしまいそうだ。